手を加えながら住む家のこと、大好きな手作りのこと、お庭のこと、畑のこと、エコシックな生活を目指して日々楽しんでいます。
by hayamanoouchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
帰省します
大掃除がひと段落してほっとしました。
もちろん、家中全部は無理でしたが‥とほほ。

それでも気分はすっきり。
ゴミ捨ては精神衛生上、
こんなにいいものなんですね。

すっきりしたところで
明日から2日まで主人の実家で過ごします。
お楽しみは佐野プレミアムアウトレットと
山奥にあるおそば屋さん。
このふたつははずせません。

嫁の立場じゃそんなものです(ハハッ)

さて、今年一年は私にとってはかなり革命的な年でした。
手作り作品のワンデイショップに
2度参加できたことがとても大きかったです。

2009年も新しい出会いがありますように。

このブログを続けられているのも
遊びにきてくださっている方がいるからこそ、と感謝しています。



みなさま、

よいお年をおむかえくださいね。

2009年がみなさまにとって
すばらしい一年になりますように!

pontaro
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-29 17:54 | こまごま
年末ですね
昨日は一日一歩も外にでず
ありえないことに寝巻きのまま(←息子にしつこく指摘されながら)
大掃除という名のゴミ集めをしました。

二階のリビング、キッチン、洗面所だけなのに
出るわ出るは、不用品の山。

キッチンでは冷蔵庫の中から
使いさしの焼肉のたれとかジャムとかそんな類のもの、
いつか使うかも、ととっておいたビン類は全部捨てることにしました。

冷凍庫からはほんの少ししか入ってない天かすの袋が数点とか
イケアで買ったけど結局使えない製氷器とか、
食べれないものばかり出てくるし。
冷凍品をストックしておく習慣がないだけなのですが。

キッチンの収納からは
もう丸2年つかってないキャラクターものの弁当箱と箸箱、
そしてサイズのそろってないタッパーの類
もう使わない、と判断したものは全部処分です。

息子の学用品が納めてあるキャビネットからは
プリント類やゴミと化したこまごましたおもちゃなどが
わんさか出てきました。
息子にまかせていた大きなかご収納も
中からはドラえもんのポケットかと思うくらいの
モノがどんどん出てきました。

扉の中や引出しにしまってある(つもりの)ものがやっかいです。
見た目には隠れているから大丈夫でも
はっきりいってゴミをしまっているのと同じ。
しまいたいものがしまえなくて
あふれている状態でした。

実際ゴミ集めをする前とした後では
パッと見た感じでは変化はあんまりありません。

だから、知らない人がみたら変化はわからないと思うのですが、
住人である自分達は気分的にすっきりしたというのが実際のところ。

使うものだけで生活していれば
どんなに気持ちが楽だろう、と思うのです。

毎年実行できてないにもかかわらず、
懲りずにまた来年の目標にたてることにします。

お天気がよくて、お正月なんていつかしら?と
感覚的には10数年経っても慣れない太平洋側の今の時期。

ふるさと石川は雪が降ったそうです。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-28 13:00 | こまごま
今年は
4年生の息子はサンタを信じています。

今年ほしいプレゼントを書き出させたら
『PSP(本体)とNARUTOのソフト、
Wii(本体)とポケモンとメジャーのソフトをください』
とっても欲張りな希望が書いてありました。

サンタさんは世界中のこどもに
プレゼントを運ぶんだから、きっと全部は無理だよ。
あなたが全部もらったら、
だれかのぶんがなくなるよ。

クリスマスとお誕生日くらいしか
おもちゃを買い与えないのですが
いくらなんでも全部は無理です。

朝誰よりも早く起きて、
二階に駆け上がる息子。

バリバリと包装紙を開ける音がきこえたあと、
まだ寝ている(ふり)私に報告にきました。

「Wiiだけだった、ソフトなかった」と少々落ち込んだ様子。

「でもさ、ソフトだけもらっても困ったでしょ。
ソフトはお父さんが買ってくれるって」と話して
少し時間がかかりましたが、機嫌を取り戻しました。

でもさ、「サンタって不思議だよね」と息子。

自分が信じているだけに
お友達とはサンタからのクリスマスプレゼントの話はしない、
そんな微妙な関係も体験している4年生のクリスマス。

少しずつ成長している息子をみて
なんとも切ない気持ちにもなるのです。

ゲームに対する気持ちとか
経済上の理由とかそんなこと考えなくていいなら
本当は彼の満面の笑顔がみれればよかったのだけどね。

あ~、複雑。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-25 11:50 | こまごま
ルームシューズ~3
f0150365_15593276.jpg羊毛から作るフェルトのルームシューズは
懲りずに3足目に取り掛かりました。

今回は旦那用。
自分のを作ったのと同じ型紙で
縮ませるときに26.5㎝を目安にします。

これを作って、気づいたこと。
それは、ふわふわの羊毛をフェルト化させていくときに
刺激を与えて毛をからませていくのですが
内側に使っていたはずに紺色の毛が
白い羊毛の厚みを超えて表にまで出てくるということ。
f0150365_1559426.jpg
真っ白になるはずだった面に
紺色の毛がまだらに入り組んでいる様子が
よくわかります。
写真はルームシューズを裏からみたところ。


もちろん逆もしかり。
きれいな紺色に仕上がるはずだったところが
白が混ざっています。

ちなみに履き口はきつかったので
ハサミでカットしました。

やればやるほど、はまっていく羊毛。
こんなこともやってみるまで知らなかった。

かといって右足も同じようにつくらないとおかしいし、
ちょっとしたジレンマをかかています。

さて今夜はクリスマスイブ。
楽しい夜になりますように。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-24 16:07 | 手仕事
ルームシューズ~2
f0150365_11263997.jpg

前回作ったルームシューズは
片足30グラムくらいの薄いものでした。

羊毛屋さんで教えてもらった「片足70g」に挑戦してみましたが、
悲しいことに、途中で大失敗をして撃沈しました。

ルームシューズの場合は
型紙を羊毛ではさんで作り始め
裏表を一体化させてつなぎ目がなくす、
という作業がはいってきます。
最初はそこで失敗しました。
つなぎ目がどうしてもつながらず、
表と裏がぱっくりはがれてしましました。
泣く泣く70gの羊毛はあきらめました。
シートにして、鍋つかみにでも仕立て直します。

さて、持っていた羊毛は200g。
70g分を失敗してしまったので
あと130gあります。

気をとりなおして片足60gでチャレンジ!
f0150365_11264971.jpg

今回はきちんと量って作り始めました。
片足で60gつかうので、30gずつにわけて
それぞれ表用、裏用にまんべんなく広げていきます。
(水を使い出すと撮影ができないのでここまでの写真しかありません)

さすがに前回の倍量を使っているだけあって
厚みがあって靴のようになりました。

失敗したことは、後で作った右側を
最後の最後に縮めすぎたこと。
自分で履くと、とても気になります。
親指があたって窮屈な感じがします。
なんとか伸ばしたくて
がんばったけど、どうやっても伸びませんでした。
素足に履くと違いがよくわかるのです。

だけど、すでに同じ足の大きさの息子は
「これ、いいね!すごい!」と言ってくれました。

それだけで満足です。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-21 11:43 | 手仕事
ルームシューズ
f0150365_153232.jpg

昨日の朝作った右は大失敗しましたから
夕方作った左側は、失敗しないように、心して作りました。

おかげで不本意な場所に
大きな穴があくことなく無事に完成。

かかとの外側に革とカシメでおめかし。

私がやることだから、完璧なはずもなく、
素材の羊毛の重さをはからずに
左右適当に作りはじめたものだから重さが違います。

右28グラム
左31グラム

たった3グラムと侮ることなかれ。
手で持つと違いがわかります。

昨日、羊毛屋さんペレンデール鎌倉のお店で見た本に
片足分でなんと120g!!のルームシューズの作り方が
紹介されていました。

こんなにたくさん使って作るんですね。と
お店の方に話すと、
とても寒い場所にお住まいの作家さんですから、と
教えてくださいました。

片足分70グラムあれば
十分暖かいルームシューズができるそうです。

次は70グラムで挑戦してみようと思います。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-19 15:34 | 手仕事
今年のツリー
f0150365_10555022.jpg
週末にだめもとでイケアに行ったら、
まだたくさん山積みになっていました。

期待してなかっただけに、
みつけたときは「あったー!!」と小躍りしました。

色も形も自分で選んで
ルックスのよいものをピックアップ。

ほとんどは、ぎゅっとしばってありますが、
広げて見れないものはパス。
紐がほどけていて
色と枝の広がり具合が比べられる
ツリーの中から
一番好きな木を家族で選びました。

テレビを見ながら
フェルティングニードルで
ひたすらつくっていたフェルトボールを
ツリーの飾りにしました。

ツリーがうちに来るとはあまり期待してなかったので
窓辺に並べて冬気分を楽しんでいたフェルトボールです。

今日もこれから鎌倉の羊毛屋、
ペレンデールに行ってきます。
お店は12時まで、大変、早くいかなくては‥。

といいつつ、もうちょっと。
f0150365_1056096.jpg

今朝、息子と旦那を送り出した後
パジャマのままで作った室内履き(右)は
失敗、かかとに大きな穴があいてしまいました。

ざくざくと毛糸でかがったら
それはそれで、やっぱり自分の手から生まれたもの、
早くはきたい!と乾くのが楽しみになりました。

さて、もう片方はもっとうまく作れますように。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-18 10:59 | こまごま
カラフルカーテン
f0150365_17123381.jpg隣のおうちができてきて、
いよいよ本気でお風呂の窓に目隠しをつけなくては、
いけない状態になってきました。(おそ)

もちろんずっと考えていましたけど。

やはりブラインドが一番無難かしら。
でも開き方が、上下に開くよりは
左右に開くほうがうれしい。
左半分が開けば、右に座って景色をみれるから。
だったらバーチカルブラインド?

でもブラインドは絶対にかびる。
カビを覚悟するには高い買物(と私は思う)だし。

だったらシャワーカーテンという手があるかも。
かびたり、飽きたりすれば気楽に取り替えられるし。

というわけで、決定。

イケアに並ぶ数少ないシャワーカーテンの中から
選んだのは、カラフルストライプ。

白いお風呂に白い洗面器、
そこに白地のものや
無地のカーテンってなんだか気分ではなかった。

早速、縦半分の長さに切って、ミシン。
幅もちょっと広すぎたので、適当に切ってミシン。

殺風景な寒々しいお風呂が明るい空間になりました。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-16 17:15 |
ひつじがいっぴき
f0150365_10583577.jpg
これで何匹つくったかなあ、
作るたびにいろんな顔の羊ができて
楽しい、楽しい。

奥の羊はお気に入りで触りすぎて
ふわふわ感がなくなってきてしまった。
それに気づいたのが同じような作り方をした
手前の子が完成してから‥。

羊はやっぱりもふもふしてなくちゃね。

昨日も羊毛屋さんにいってきて
今度はいろんな色の羊毛を仕入れてきました。

こうやって眺めている時間さえ
素材好きにとってはたまらない。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-11 10:59 | 手仕事
くるみの針刺し
f0150365_1738228.jpg葉山のタントテンポで
2年ぶりにあうお友達との飲み会の
差し入れを選んでいたとき、
胡桃が網の中にごっそりと入って
売っているのを見つけた。

胡桃をみて浮かんだのは小さな針刺し。

胡桃を買ったら
くるみ割りも買わなくては、作れない。

えらく高くつくなあ、とけちなことを考えつつ、
ほんの少しでいいから「殻」がほしかったんです、と
お店の方に伝えてみた。

年を重ねるごとに、ずうずうしさが増していくのを感じる。

いくついるんですか?ときかれたので
ほんの5個でも10個でも、針刺しが作りたいんです。と答える。

親切な店主は「これなら割れちゃってるけど、どうぞ」
と差し出してくれたのが写真の胡桃の殻。

意味もなく作っていた白い羊毛ボールを
半分に切って、お湯をかけて縮ませて胡桃の中にいれたら、
もうこれで、十分かわいい。

こういうのを大きなガラス瓶にたくさんいれて
お友達が来るたびに配れるような人(知り合いがモデル)
そんな人になりたいなあ。

かといって、お友達はそうそうやってこないけど。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-08 17:40 | 手仕事