手を加えながら住む家のこと、大好きな手作りのこと、お庭のこと、畑のこと、エコシックな生活を目指して日々楽しんでいます。
by hayamanoouchi
<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
日常
友人からメールが届いた。
病気がみつかりかなり大きな手術をする、という。

自分になにができるか
なんて返信すればいいのだろう‥。

手術をして退院すれば
いままでのような平穏な日々が
彼女と彼女の家族にやってくることを
神様に祈るばかりです。

今日もいつものように過ぎていく我が家の時間、
感謝せずにはいられません。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-30 23:31
ズッキーニ
f0150365_10422555.jpg
今年初めて植えたズッキーニの苗。
こんなに大きくなるなんて知らなかった、ほんと。

GWに帰省したときに実母があれもこれもと
持たせてくれた苗のひとつでした。

私が両手を広げたくらいの大きさにまで成長しています。
ちいさな菜園ではあまりみかけないはずだわ‥。

成長を見越していない植え付けのため、
となりに植えたはずのきゅうりが
今年は脇役になってしまってます。

すくすく成長しているズッキーニは
葉の付け根に咲いた花のあとに
小さな実を付け始めています。

収穫したら、是非試してみたい料理法のひとつがズッキーニのフライ。
チョークより太く切ったズッキーニに
薄切り肉を巻いてフライにするというもの。
それなら息子も食べてくれるかな。

畑の半分を占領していたじゃがいもは
ずいぶん食べつくしたし、
され次はなにを植えようかしら。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-27 10:44 |
リサイクル
f0150365_18233044.jpg
妹がプレゼントしてくれた
壁掛けカレンダーを
とても気に入って使っています。

来年も使えるものではないし、
かといってそのまま捨てるなんて
とてもできないほど好きな紙なので
ちまちまと封筒に作り変えました。

立替えていただいてたお金を返すときとか
ちょっとしたメモをお渡しするときとか
そんなイメージで作っていました。

適当にちょきちょきとハサミをいれて
いろんな大きさのものを作るのは
とても楽しい作業でした。

私は昔から単純作業が好きです。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-25 18:24 | こまごま
雨の日は
大雨警報まででているこんな雨の日は
家でじっとしているのが一番。

気になっていた小物収納を
分類しなおしたり、
大好きなカレンダーの用済みのページで
小さなぽち袋をたくさん作ったり、
キッチンのシンク下の収納計画を練ったり、
そんなことをして過ごしていました。

(いつもになく働いた気がしてますが、
実は普段やってないつけが回ってきている、
という考え方もあり)

旦那はソファで昼寝、
息子は下の部屋でマンガを読んでくつろいで、
こんな時間がもてることに感謝して‥。

天災や人災も、
いつ自分の身に降りかかってくるやもしれない、
そう思うと、のんびり心穏やかに過ごせる時間、
そんな時間がかけがえのないひと時だと思うのです。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-22 20:37 | こまごま
巣立ち 2
いつも聞こえていたシジュウカラの鳴き声は
ぱったりと聞こえなくなりました。

家の中で一人でいても
鳴き声が聞こえてくると、
なんともうれしい気持ちになったものです。

ベランダにでては、
どこにいるのかな、と探して
小さな野鳥の家族が
我が家の庭を住まいに選んでくれたことを
本当にうれしく思っていました。

これが自分の子どもだったら
巣立ちってどんななんだろうなあ。

親鳥が一生懸命にえさをはこんできて、
小さなちいさなヒナを育て、
時をみて、えい!っと飛び立たせる姿、
本当にすばらしいなあ、と感動しています。

シジュウカラの親子の姿を心にとめて、
子どもが巣立つまで親業をがんばろうと思いました。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-20 16:07 | こまごま
巣立ち
f0150365_17192043.jpg朝食を食べる準備をして
畑におりるために玄関をでると
シジュウカラが巣箱から顔をだしていました。

親がえさを運んできたのなら
顔だけだしているなんてことはありません。
とてもめずらしい光景です。
もしかして‥巣立ち?

息子を早く早くとせかして呼びました。
電線の上で子ども達を呼ぶように鳴く親鳥と
巣箱の中から答えるヒナの鳴き声、
こんな風に呼応するように鳴いているのも
いままでなかったことでした。

巣箱から顔をのぞかせていたヒナは
息子が見つめるなか
飛び立っていきました。

巣立ちの時がやってきたようです。

ご飯をたべたあと
旦那が巣箱をのぞきました。

一匹しかいないよ。
ヒナは7匹いたはずでした。

きっとすぐこの一匹も巣立つね。
学校から帰ってきたら
いなくなってるだろうね。

ヒナたちは無事に巣立っていきました。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-19 17:21 |
ボールペンでつながる
f0150365_17394644.jpg土曜日、旦那は朝早くから
野球の観戦チケットを買いに
自転車(!)で横浜へ。

10時頃に息子を友達の家に送っていくと
急に夕方までひとりの時間が
ぽっかりと出来たことに気づいて、
はてさて、どうやって過ごそうか、と
とっても贅沢な悩みが沸いてきました。

久々にみなとみらいまでいってみようかな。
帰りに旦那の自転車を積んでこれるし。

ドリカムを熱唱しながら
みなとみらいへ車を走らせます。
高速道路で行くと、
40分かからずについてしまいます。

大好きなお店をいくつかみてまわって
至福のひととき‥。
デパートにはほとんどいかないけど、
クイーンズイーストは大好きなのです。

行くと必ず立ち寄るお店で
小さなノートと、ボールペンを購入。
かごバッグもどうしても見捨てて帰れず。

ノートは自分で日付を記入して
新しくスケジュール帳として使うことにしました。
そして意外な活躍をしているのが
この極細のボールペン。

細い罫線の中に2列の字をなんなく記入できます。

気に入った!!

そしてびっくりすることに
先日のバッグインバッグをオーダーされたお客様も
同じボールペンを愛用されていたのです。

めぐりあわせって、ほんと、不思議。

どきどきしながらお渡ししたバッグですが、
気に入っていただいたようでほっとしました。
そして別のバッグのご注文までいただいきました。
本当にありがたいことです。

あ、ちなみに旦那とは合流せずに
彼はそのまま自転車で帰宅しました。
みなとみらいから葉山の自宅まで
車だと40分、自転車で1時間半(らしい)です。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-16 17:42 | 買物
黄色とピンク
f0150365_13541695.jpg冬には枯れた状態になっていた庭の草が
どんどん大きくなって
腰くらいの高さになりました。

つぼみがついて、
どんな花がさくのかな、と
楽しみにしていたら、
意外!黄色いお花が咲き出して、
それが次第にピンク色に変化していきました。

想像もつかなかった色の変化にびっくりしました。

去年はこの花みてないから
きっと花が終わってから
植栽されてたものらしいです。

なんていう名前の草かは、わかりません。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-15 13:55 |
bag in bag
f0150365_11122858.jpg
先月のイベントで
ご注文をいただいて作ったバッグです。

大きな書類バッグの中に
貴重品をいれておくための小さなバッグを。
ちょっと買物というときに
そのバッグをもっていけばいいようなもの。

大きなバッグの中にあるときに
持ち手が邪魔にならないように
片方を取り外しできて収められるようにしてあります。
口は薄いマグホックで簡単にとまります。

f0150365_11123852.jpg
そしてポケットティッシュがちょうど入るくらいの
ファスナーつきのポーチ。
外ポケットと
小さな革をつけてほしいとのご注文でした。

こんなのがほしかったの、
というご相談を受けられのは
本当にうれしいことです。

月曜日にお渡ししにいきます。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-14 11:14 | 手仕事
これで安心
f0150365_18252058.jpg意匠が好きで使っているものの
やっぱり、東京ガスのにすればよかったかなあ、と
後悔しはじめていたロジェールの4つ口コンロです。

良い点は
①デザイン
②本体が薄いのですぐ下に引き出しが付けられる
③魚焼きグリルがない

そんなところが好きだったのですが、
一番大きいバーナーがなんだか機嫌が悪くて
後悔しつつあったのでした。

カチカチカチと点火させてもなかなか点かない。
ついたと思ったら巨大な炎が広がる。

冬場にフリースを着て使わないように
家庭内お触れがでているほどでした。

ようやくアフターサービスに見てもらうことに。
必要のないところで
忍耐強さを試してしまう悪いくせがあります。

うちが購入したころ、
実はこの大バーナーが大小二重の火がでるようなモデルに
変わったところでした。
ところがその二重にするための器具に問題があって
もれてはいけない隙間からガスが漏れていたというわけ、
らしい‥。

だったらロジェールから直接リコールの
案内が来てもよさそうなのに。
作業する男性2人がきて、
バーナーをひとつの大きい炎がでるものに変えてくれました。
だからここだけぴかぴかです。

もちろん無償です。

普通に着火する普通のコンロになりました(笑)
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-06-11 18:28 |