手を加えながら住む家のこと、大好きな手作りのこと、お庭のこと、畑のこと、エコシックな生活を目指して日々楽しんでいます。
by hayamanoouchi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ:旅( 5 )
松本クラフトフェア 2009
f0150365_16271556.jpg
前からあこがれていた松本クラフトフェアへ、
日帰りで遊びに行ってきました。

夜のうちに朝ご飯のおにぎりをつくって
家族の支度をととのえて
朝4時起床(予定では3時だった‥寝坊です)
5時出発、いざ松本へ!

お天気もすごく気になりましたが、
ここは晴れ女の威信にかけて
天気予報は気にしないことにしました。
これまた雨予報でした。

9時半すぎに松本に着き、市内のパーキングへ。

市内を巡回しているバスに乗り換えます。
来年のクラフトフェアのための500円の協賛金を支払うと乗り放題です。

バスに乗り込む直前に
荷物に持ってでた息子のpatagoniaのアウターは
全く必要のないくらいの暑さになってきて
あの雨予報はなんだったのかというくらいのお天気になりました。

さすがに自分がこわい^^

そして、会場はというと、一言ではいいあらわせない、楽しさ。
だれかが心込めて丹念に作ったもの、
会場はそういうものであふれています。
出店するための審査がとても厳しいということも
レベルの高さがわかります。

ほしいな、と思うものがたくさんありました。

関西弁のおじさんたちが売っていた生地も
ラッキーなことに手に入りました。
帆布の赤ミミつきです。
「なんでかしらんけど、赤ミミついとるとみんなほしがる」
と不思議がってました。

本当は残っていた6m全部ほしかったのだけど
帆布の6mなんて重くてもって歩けないので、
後ろでまっていた人と半分にしました。
おまけのステテコの生地のようなのが長くてびっくり。

羊毛屋さんもありました。
鎌倉のお店で、「すごくめずらしい」といわれていた
くりくりの毛が格安でした。

熊本から出店していたほうき屋さん
とってもかわいかったです。
目の前の母子が買っていった
魔女が乗っているような箒が最高でした。
それが一番よかったので、
別のを、とは思いませんでした。
来年もほうき屋さん、でるといいな。

三谷龍二さんのブースでは
新刊が先行発売されていて、サインしてもらうための
行列ができていたので、その中にはいりました。
サインは、とてもかわいくて、素敵です。

ひとりで最後にぐるっとまわったときに
目にとびこんできたポットを買いました。
(追記 私の家にあるポットがここにあるかも~)

アケビの楕円のやたら編みの花台は
ルクルーゼの鍋敷きにぴったり、でした。

付き合わされてブスっとしていた息子も
木のスプーンを削りだしている実演のお兄さんと
ガラスのコップやワイングラスを作る実演していたお兄さんには
目が釘付けで、これだけでもつれてきた甲斐がありました。

ものはだれかが、作っている。
当たり前のことだけど、知ることは大切と思います。

きっと毎年の恒例行事のように
松本クラフトフェアに出かけることになると思います。

おそばを食べて、
松本城にのぼって
日帰り温泉にはいって、家路につきました。
f0150365_16323162.jpg

[PR]
by hayamanoouchi | 2009-05-31 16:38 |
長野
長野県斑尾にいってきました。
夫がでるトレイルランニングのレースにつきあってです。

私と息子はrunnnerではなくfamilyとして参加。
大会の楽しさをつまんできました。

応援とはいっても
5時朝食の6時半スタートのレースは家族もきつい‥。
まだ眠いです。
レースに出た人は、もっと体力的にはlこんなものではないのですが。

さらに今日は仕事がある日で
夜に来客があり夕飯を一緒に食べてたので
楽しかったけど、そろそろ限界。

結果は夫は無事にゴールして(6時間半くらい)
息子への面目を保った形となりました。
15㌔地点で足がつったときはかなり厳しかったらしい。

どうかんがえても無理なのに
周りの人に「来年は奥さん、15㌔コースどうですか?」といわれ、
あの場所にいると、なんだか自分にもできそうかも、なんて
とんでもないカン違いが頭の中をかけめぐりました。

もちろん今は、無理!!!!と正常な思考にもどってます。

もしも私が挑戦することがあったら
きっと全然違う人生を歩み始めているのだろうと思います。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-10-06 22:46 |
伊豆
f0150365_1158065.jpg
中伊豆に遊びにいってきました。

子どもがまだ小さいときは
下田にある白い砂浜の小さな浜で海水浴をして
その宿に泊まるのが夏の定番旅行でした。

何度行ってもまた来ようとおもう民宿
川沿いのとてものどかな場所にあって、お料理もおいしい。
心のこもったお食事がいただけるのが
リピーターになった最大の理由。
いろりで3時間かけて焼く鮎が必ずつきます。
頭からがぶりと食べられる鮎は
濃厚な川の恵みという感じ。
おいしかったです。

そして、今回初めて川遊びもしてきました。
2日連続で遊びにいったくらい気に入りました。
息子と旦那は川の中、
私は浅瀬に椅子を置いてチャプチャプと足をつけ
網で小さな魚をすくったりして遊んでいました。

とっても冷たい水に、びっくりしたけど
海と違って遊び終わったあとの帰り支度が楽で
またきっと行きたいと思いました。

そして昨日は息子の10歳の誕生日。
なんと今をときめくジャマイカのボルト選手と同じ誕生日だそう。
息子はとってもうれしそう。すごいよね、と連発しています。

オリンピックイヤーのお誕生日に
思いがけないプレゼントをもらったような気持ちになっています。

何よりも無事に10歳を迎えられていることに感謝。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-08-22 12:05 |
今年のGW
今年のGWは私の実家に帰省していました。

いろんなところにいって
会いたい人にあって、
とても充実した4日間でした。

ずっといきたいと思っていた21世紀美術館、
(いつもなぜか素通りばかりだった)
あ~、美術館ってすごくいいなあ、と
つくづく感じました。
期間限定の展示に息子もびっくり!!
アーティストのすごさを目の当たりにしてきました。

金沢に遊びにいく機会があったら、
是非!!お立ち寄りくださいね。

帰りには富山県の五箇山と
白川郷にある世界遺産も目にすることができたし、
今年始めの目標
「家族で見たことのない景色がみたい」ということも
ひとつ叶えることができました。

家族で動けばそれだけ出て行くものも大きいけど、
時間は待ってくれないから
息子が家族と一緒に旅行にいける間に、
いろんなところにつれていってあげたいな。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-05-06 21:50 |
松本
春休みの最後の週末に松本まで足をのばしました。

松本城をのぼって
そばをたべて
ぶらぶらと観光して
ちょっと買物して、
日帰りの温泉にはいって
ワインを買って帰る強行スケジュール。

偶然にもアルネで紹介されていた
お蕎麦屋さんを発見し、
思い切って暖簾をくぐりました。

外のどこにも「そば」とも書いてなく、
ざるそばのみのメニューにつき
メニューもなく、
大人の雰囲気たっぷりのお店に
カジュアル100%の我がファミリーは
ちょっと場違いだったかしら‥。

とにもかくにも
ざる3枚と注文したら、
「お酒がひとくちつきますが、どうされますか」とのこと。
主人は運転するので私だけがいただきました。

一口といっても、きっと1合弱はあったと思います。

突き出しに、アミタケというなめこのようなきのこに
からーい下ろし大根がのったものが一人1皿。
辛い辛いといいながら、食べました。

そして、おそばはコシがあって
断面が美しくかどがしっかりしていました。
おいしかったです。

あとでいただいたお漬物3種のおいしかったこと。
そしてさらに花豆まででてきました。
頼んだわけではありません。

お会計は、特に目玉がとびでるようなものでなく
ほっとしました(笑)

アルネのお客さんですか?と店主。
今月、中頃に大橋さんがいらっしゃる予定なんですよ、と
教えてくださりました。
松本はそのころ、ちょうど桜が満開でしょう。

久しぶりに知らない町の空気を吸ってきました。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-04-10 14:31 |