手を加えながら住む家のこと、大好きな手作りのこと、お庭のこと、畑のこと、エコシックな生活を目指して日々楽しんでいます。
by hayamanoouchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
くるみの針刺し
f0150365_1738228.jpg葉山のタントテンポで
2年ぶりにあうお友達との飲み会の
差し入れを選んでいたとき、
胡桃が網の中にごっそりと入って
売っているのを見つけた。

胡桃をみて浮かんだのは小さな針刺し。

胡桃を買ったら
くるみ割りも買わなくては、作れない。

えらく高くつくなあ、とけちなことを考えつつ、
ほんの少しでいいから「殻」がほしかったんです、と
お店の方に伝えてみた。

年を重ねるごとに、ずうずうしさが増していくのを感じる。

いくついるんですか?ときかれたので
ほんの5個でも10個でも、針刺しが作りたいんです。と答える。

親切な店主は「これなら割れちゃってるけど、どうぞ」
と差し出してくれたのが写真の胡桃の殻。

意味もなく作っていた白い羊毛ボールを
半分に切って、お湯をかけて縮ませて胡桃の中にいれたら、
もうこれで、十分かわいい。

こういうのを大きなガラス瓶にたくさんいれて
お友達が来るたびに配れるような人(知り合いがモデル)
そんな人になりたいなあ。

かといって、お友達はそうそうやってこないけど。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-12-08 17:40 | 手仕事
<< ひつじがいっぴき 充麦 >>