手を加えながら住む家のこと、大好きな手作りのこと、お庭のこと、畑のこと、エコシックな生活を目指して日々楽しんでいます。
by hayamanoouchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
木はどこへ
御用邸から歩いて5分ほどのところに
大きなお屋敷の跡があった。

立派な門柱に表札は残っていたけど
住んでいる人はいないようだった。

あるとき工事告知の看板が掲げられていて
開発により14軒の戸建住宅が建つのだということだった。

14軒もここに建つの?

たくさんの木があった林のようなその場所は
道路からみるよりも、うんと大きな一軒分の敷地だった。

工事がはじまり、
本当にたくさんの木がどんどん切り倒されて
敷地の真ん中に積み上げられてどこかに運ばれていく。

とうとう全面に土が現れて
その敷地の大きさに目をみはる。

たくさんの木がなくなり、
たくさんの鳥が住処を失うことを悲しんで
「でも工事をやめさせることはとても難しいのですね」
とある方が自分の自宅のフェンスに自作のポスターをかけてらっしゃいました。

環境が目の前で壊されていく光景に
せつなくて悲しい気持ちになります。
[PR]
by hayamanoouchi | 2008-10-08 11:15 | 葉山
<< 変わっていく 長野 >>