手を加えながら住む家のこと、大好きな手作りのこと、お庭のこと、畑のこと、エコシックな生活を目指して日々楽しんでいます。
by hayamanoouchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
巨大フェルトマットの作り方
f0150365_10182194.jpg

途中までは、デジカメで撮影する余裕がありましたが、
これから後の作業が一枚も写真に収められてなくて、
がっくりしました。

それほど、必死だったということでしょうか。

この後はどうするかというと‥
ビニール袋に密閉されたマットの短い辺を
ビニールテープでつなぎ合わせて輪の状態にします。
それから、ひたすら刺激を与えます。
刺激を与えることで
ふわふわの原毛がからまってきてフエルト化し、
縮収していきます。縮まってくるということです。

2人もしくはおさえる人含め3人係りで
作業台から浮かないように
ばたばたと「折りたたむ、広げる」を一面30回×4方=120回で1セット。
それを輪の位置を変えながら4セットやります。

柄を考えているときは寒くて少しつらくなってきたのが
一気に体があたたまって、
これって冬向きの作業だなあ、と思いました。

袋から取り出して脱水をかけ、広げた後は
大きさの調整をしていきます。

まだまだ刺激を与えれば縮まっていくのが
とても不思議でした。

玄関ホールに敷くつもりで110㎝幅のものを
作りたかったですが
最初は130センチもあったのです。
スタッフの方にまだ大丈夫よ、といわれ
またぱたぱたを刺激を与えていくと、
あれよあれよと縮んでいって、ぴったり110㎝に。
フェルトの不思議を体験しました。

一度教わったら家でも作れます、ということですが無理です‥。
ぬれても大丈夫な場所とスタッフの知恵が必要です。

羊毛100%のマットは肌さわりはさらさらでとても気持ちがいいです。
もちろん暖かくて、家族みんなでお気に入りになりました。
[PR]
by hayamanoouchi | 2007-12-13 11:00 | 手仕事
<< にじ 巨大フェルトマット >>